公益財団法人宮城県結核予防会
ホーム事業内容健康診断結核とは複十字シール運動アクセスお問い合わせ当法人について

肺がんCT検診

 我が国の死亡原因のトップは「がん」です。平成10年には、それまで最も多かった胃がん死亡者数を抜いて、肺がん死亡者が
第1位になりました。今後肺がん死亡者は、男女とも更に増加する傾向にあります。
 通常の肺がん検診でのレントゲン検査では、がんがあっても小さかったり心臓などの陰にあると見つかりにくいことがあります
が、CTではそのような肺がんも見つけられます。
 肺がんは、早期発見により、生存率が大幅に改善することから「低線量肺がんCT検診」をおすすめします。

 マルチCT肺がん検診車 
■■末梢早期がんの発見にはCT検診■■

 CT検診では、末梢型の場合非常に小さな肺がんでもチェックできるため、
発見率が飛躍的に高まります。CT検診の肺がん発見率は、従来のX線間接
撮影より約10倍高い発見率であることが報告されています。

●肺門部の早期がんの発見には喀痰細胞診が唯一の方法です。
  ※進行のきわめて早い肺がんは、これらの方法でも発見不可能なことがあります。
 CT検診
低線量肺がんCT検査は簡単で早く安全性が高い 
 低線量肺がんCTは、X線を使い胸部領域をらせん状に撮影します。1回の
呼吸停止で、肺全体像を撮影することができます。胸部単純X線撮影では難
しかった小さな病気や淡い陰影、また、骨、心臓、横隔膜などと重なって見つ
けにくい病巣を鮮明に写しだします。CT検診は「末梢型肺がん」の早期発見
が可能です。
 ※CT検診の被ばく線量は胃がん検診の1/2~同程度です。
  (被ばく線量は撮影条件により数値が変わります)
 
CT検診

 いろいろな肺の病気を総合的にチェック 
 肺がんは怖い病気ですが、定期的に検査をして、早期発見、早期治療を
行えば恐れることはありません。また、定期検査をすれば、肺がん以外の肺
の病気を見つけることもできます。
 活動性結核なども、低線量肺がんCTによって鮮明に写しだされます。
 低線量肺がんCT

肺がんにはいろいろ種類がある
   
肺がんは、発生する部位によって大きく二つに分類されます。また、がん細胞のタイプによって「腺がん」「扁平上皮がん」
 「小細胞がん」「大細胞がん」の4種類に分けられます。なお、喫煙と関係の深いがんは、「小細胞がん」と「扁平上皮がん」といわれて
 います。


  ○
「画像」CT検査で発見される部位   
  
「たん」喀痰細胞診検査で発見される部位
  検査で発見される部位

  ●低線量肺がんCTで発見
  された肺がん
低線量肺がんCTで発見された肺がん
 
検診のめやす
55、60、65、70、75歳の節目年齢の方が対象です。
喫煙や血痰のある方は、喀痰細胞診を併せて行います。
撮影時間は約15秒です。
検査料金
 (消費税含まず)
移動検診車によるCT検診
8,000円
(施設内でのCT検診の料金とは異なります)
喀痰細胞診
2,750円


検診のながれ

   検診のながれ


検診のお申込み

 
 健診事業課 胸部検診係

  電話:022-719-5164  E-Mail:hai@jata-miyagi.org