公益財団法人 宮城県結核予防会

複十字シール運動
トップ > 複十字シール運動

複十字シール運動について

複十字シール運動は、世界中の結核を撲滅し、肺がんやその他の胸部疾患をなくすための事業資金を集めることを目的とし、世界約80か国で行われている募金活動です。

募金していただいた方に複十字シールを差し上げ、それを使っていただくことで、結核予防思想の普及の一翼を担っていただき、また、お寄せいただいた募金は、結核をはじめとする胸部疾患予防の普及教育、調査研究、国際協力活動などを行うための事業資金として大きく役立っています。

日本の複十字シールは1952年(昭和27年)に作られ、以後、毎年新しいデザインが生まれています。

平成30年度のシール募金資材
(左上より:シール・封筒組合わせ、リーフレット 下:大型シール、小型シール)

募金のお申込みについて

ホームページのお問い合わせから、下記をご参考に「郵送募金希望」または「組織募金希望」とご入力のうえ、法人・団体名、お名前(またはご担当者名)、送付先を明記し送信してください。お電話やFAX、はがきなどによるお申込みでも結構です。募金資材と振込用紙をお送りいたします。当法人の振込用紙は七十七銀行、ゆうちょ銀行、郵便局の窓口での振込手数料は無料です。

担当: 総務部企画課 企画広報係

<複十字シール募金資材の種類>

1.個人の方

→ 郵送募金 (大型シール:1枚1,000円以上)へのご協力をお願いしております。

2.法人・団体の方

→ 郵送募金 (大型シール:1枚1,000円以上)または 組織募金 (シール・封筒組み合わせ:1部200円以上)へのご協力をお願いしております。

複十字シール運動についての詳細は結核予防会のホームページをご覧ください。

<< 前のページに戻る

ページのトップへ戻る